私は今回、「朝1時間で全てが変わるモーニングルーティン」という本を読みました。

 この本を選んだきっかけとして、私は昔から早起きが苦手でなかなか朝に余裕を持てずに
過ごしています。早起きのコツやメリット、またそれによって自分自身どのような変化があるのか
気になり手に取りました。
 この本には、早起きのメリットとは今までの生活習慣を見直すことができる、
朝の時間でしたいこと・やらなければいけないことに集中できると書かれていました。
 生活習慣を変えようと思ったときまず思いつくのが早寝早起きです。
人間は起きて日光を浴びてから15時間後には眠りを誘うホルモンが分泌されます。
それにより早起きをすることによって自然と生活リズムが整うようになっています。
そして朝食を取る時間ができ、ゆっくりよく噛んで食べることによって脳の活性化に繋がり
仕事の効率を上げる役割もあります。
他にもいくつかメリットがありますが分かっていてもなかなか早起きは難しく、後もう少しと
甘えてしまうのが今の私です。
早起きをするためには、なぜ早く起きるのかという目的を明確にすることが大切だと書かれていました。
ただ漠然と早く起きようと思っているだけでは挫折しやすくなります。
それを回避するためにどんな内容でもいいので目的をしっかり持ち、少しずつでも早起きできるように
心掛けていきたいと思いました。
 また、朝の時間というのは終了時間が決まっているのでダラダラせず行動することができると書かれていました。
例えば夜に行動しようとするとまだ時間はたくさんあるという錯覚に陥り集中しにくい環境になります。
確かにこの時間だけ、と時間を決めることで限られた時間を有意義に使おうという気持ちが生まれると思います。
その気持によって小さな達成感があり、充実した日々を送れると感じました。
 早起きの習慣を身につけて、朝時間がない日々から脱出できるように頑張ります。
北山