今回、なぜ僕達は働くのか?という本を読みました。

この本にはなぜ働く必要があるのかが分かりやすく書かれていました。
この世の中には、沢山の仕事がありますがその全ての仕事が誰かの約に立つことと書かれていました。
普段何気なく利用しているもの全てに一人ひとりの仕事がありその人達のおかげで自分は生活ができているのだな改めて感じました。
中には仕事が上手くいく為のポイントの書いてあり参考にしたいと思いました。
そのポイントは、
熱心で向上心がある
責任感がある
考えて行動する
人への思いやりがある
上手くいかなくても引きずらない
謙虚で感謝を忘れない
人を頼る
好奇心がある
持続性がある
柔軟性がある
です。
どれも大切なことだと思うので毎日の仕事で気をつけていきたいと思います。
これからの人生は100年時代とも書かれていて60代以降の人生の生き方を考えていく必要があることも書かれていました。
長生きするためにも健康でいることも大切だと思うので健康にも気をつけていきたいとも思いました。
また、先生がお話してくれた石切職人のお話も載っていました。
なぜ働くのか人によって違うと思いますが社会にでて働いている全ての職業は誰かの役に立っていることなので、自分自身も成長してより皆さんに信頼してもらえるように頑張っていきたいと思いました。
この本は小さお子さんはもちろん大人でも読みやすい本なので是非皆さんも読んでみて下さい。
黒田