今回私は、「めんどくさいがなくなる本」を読みました。この本はノーマルな文章のみの書籍もあるのですが、今回はマンガを交えて文章で解説するというマンガ化されたものを購入しました。

 何事もすぐに行動できる人にとってはめんどくさいと思うことなくさっさと動けてしまうので興味のない本のように思いますが、めんどくさがりの人にとってはその行動するまでが中々できず、すぐ動ける人との違いは何かと思えば興味深い本です。

 プライベートでは特にめんどくさいと思ってしまいがちで、ある程度物事を後回しにしてしまう傾向にある私が読むべき本だとタイトルを見て思いました。この本ではめんどくさいをなくすためにはどうしたらいいのかが書かれていて参考になりました。

 

 めんどくさいという思考になってしまうのは、やらなきゃいけないと思うと色々考えてしまい、めんどくさいと感じるようになると書かれていました。人は何かをやらなきゃいけないと思うと「めんどくさい」と感じやすくなるそうです。めんどくさいをなくすためにはまず 考えすぎない ようにすることが大切だと書かれていました。

 行動をする前に効率を考えてしまったりするとどんどん面倒になってしまいます。考える時間も無駄となるので 考える前にまず行動! そのことを踏まえてさっさと動けたらめんどくさいと思う気持ちすらなくなると思いました。

 

 また、「~すべき」とか「~やらなきゃ」と思ってそれができないと大きなストレスになってしまうそうです。しなければいけないではなく、頭で考えを置き換えて したい に変えれば行き詰まり感なく自然と行動に移せてしまうと書かれていました。そう思えば苦労なんてしないのに…と読む際に思ってしまいましたが、本に書かれていた具体的な例がすごく納得のできるモノで、うまく考えを置き換えれるのではないかと読んでいくうちに考えがすぐに変わりました。

 ここ数ヶ月、あきらかに家でいる時間は増えました。その中で何度も やろう と思ったことがありました。ですがいつも他事ばかり優先してしまい面倒だと後回しにしてしまい中々手を付けることなく時間だけが過ぎていました。この本を読んだ後、めんどくさがることなく物事を進めることができました。

 この本を読んだかいがあったなと密かに思いました。めんどくさいと思い後回しにするマイナスな自分が少しでも変われるように今後も頑張りたいと思います。


千葉