今回「マンガでぐっすり スタンフォード式 最高の睡眠」という本を読みました。

この本はタイトルにもある通り、漫画を交えて書かれており、非常に読みやすい本でした。
スタンフォードの睡眠研究者は、睡眠が足りていない状態を「睡眠不足」でなく「睡眠負債」という言葉を使って表現するそうです。
「借金」と同じく「睡眠」も不足して返済が滞ると首が回らなくなり、しまいには脳も体も思うおようにならない「眠りの自己破産」を引き起こすからだそうです。
睡眠負債があると日中の行動に大きなマイナス影響が及びます。
・脳と体が十分に休息できておらず、疲労が着実に蓄積している
・記憶の整理がままならず、覚えたはずのことが頭に定着していない
・ホルモンバランスの調整がうまくいかず、肌が荒れたり体重が増えたりする
・免疫力を高く保てず、病気になるリスクが上がる
・脳の老廃物が除去されず、神経疾患、ひいては認知症のリスクも増加する
などです。
そういった睡眠負債を返済するために、睡眠の質を上げるとき大切なことは、眠り始めの90分をいかに深く眠るかということです。
最初の90分の眠りの質が悪いと、たとえ長く眠ることができたとしても残りの質も総崩れしてしまうそうです。
質の良い眠り始めを手に入れるためには「寝る前は何も考えず、頭を働かせないこと」がコツだそうです。
例えば寝る数時間前からパソコンやスマホの操作をしないことなどです。
ただ、現代人にとってこれほど難しい課題はないと筆者も言っています。
そこでもうひとつ、質の良い睡眠に大切なことがあります。
それは眠りに適した体温にするということです。
詳しい説明は割愛しますが、体の深部体温が高いと質の良い眠りは手に入らないため、寝る90分前に入浴をすませておく。
難しい場合は深部体温が上がりすぎないように、ぬるい入浴かシャワーですませることも大切だそうです。
こういったことであれば少し気をつけるだけで無理せずに日常に組み込めると思いますので、実践しやすいなと思いました。
このあたりの説明も漫画を交えながら詳しく説明されています。
非常に分かりやすい本でしたので、睡眠に困っている方は是非読んでみてはいかがでしょうか。
DH豊嶋